ブログネタ
映画鑑賞日記 に参加中!
2006/6/8

1918年 アメリカ製作

「担え銃」(になえつつ)(★★★☆☆)

監督:出演:チャールズ・チャップリン


あ〜、ひさしぶりに笑ったw

家族からの手紙をうらやましそうに覗き見。
チーズを放り投げて、兵士の顔にべっとり。
メガホンをくわえて、水に浸かりながら寝る。

木に変装するチャーリーが傑作!
追いかけるデブが土管に入ろうとして詰まってしまうw

チャップリンの映画には、
身軽な小男と、厳つい大男の構図のギャグが多い。
この頃から確立されてたのね。

改めて、パントマイムって
人の考えや会話が想像できるのが楽しい♪
笑いを言葉で説明するのは、野暮ってもの。
見た人それぞれが、好きなように感じ取ればいいんです。

ただ、気になったのが、
チャップリンが戦争の映画を作るのはどうかと思ったんだけど、
これ、別に戦争を題材にする必要はないし、
取って付けたような反戦のメッセージなんていらないじゃん。

まあ、過酷な戦場の中で笑いを生み出すのが
すごいところなんだろうけど、
どうも、チャップリンらしくない違和感がありました。
戦争を美化してるようでね。
映画会社にこう作れと言われたっていうのは、考えすぎ?
やっぱり、そんなの気にしないで笑って楽しむのが一番ですね。

みんなのシネマレビュー
http://www.jtnews.jp/cgi-bin/review.cgi?TITLE_NO=5443