ブログネタ
映画鑑賞日記 に参加中!
2006/12/7

1995年 ディズニー

「ポカホンタス」(★★★☆☆)


若い頃、デートで見た作品なので、思い出に残ってます。

今回、吹き替え版は、初めて見ました。
やっぱり、歌はイマイチね。
ポカホンタスの声が、ずいぶんとおしとやかです。
ワイルドな大人の女性が魅力のキャラなのに(^^;
どこかしら、ムーランの面影があるな〜


ディズニーにしては、めずらしく、
大人向けのシリアスなキャラと、恋愛物語ですよね。

当時、史実本を読んだのですが、
ジョン・スミスは病死して、
イギリスに招待されたポカホンタスは、
別の貴族と結婚したとか。

2人は、2度と話すことはなかったのですが、
ジョンの死に際に、ポカホンタスが訪れて、
言葉を交わすことなく別れてしまったとか。

どうも、記憶が曖昧ですみません(><;

何ヶ月にも及ぶ船の航海では、
酷い飢えと病気で、
乗員のほとんどが死んでしまったそうです。
だから、黄金より、
新鮮なトウモロコシのほうが価値があるんです。


緑の鳥って、昔のディズニー作品に出てきましたね。
脇役で好きなのは、
最初はひ弱で、最後には勇敢に成長するトーマスです。
ポカホンタスの婚約者を、
咄嗟のこととはいえ、殺してしまったのが痛々しいです(><;


文明よりも、自然の大切さを歌う、
「カラー・オブ・ザ・ウインド」は、
ドラマチックな名曲ですね〜

「If I never knew you」
「君を知らずに100年生きるより、明日死んだほうがいい」

こんな台詞、言われてみたいわ〜w


みんなのシネマレビュー
http://www.jtnews.jp/cgi-bin/review.cgi?TITLE_NO=320