ブログネタ
映画好き に参加中!
2023/10/18

【映画】バグダッド・カフェ【感想】


1988年。

ベガス行き沿いのコーヒーもないカフェ。
旦那と別れて歩いて行くなんて無謀!
この時代にカードがあるとは〜。

その太ったドイツ女が勝手に店を掃除。
手品を披露したり次第に住人と打ち解けていく。
画家に裸婦像を描かせる不思議な魅力。
シンプルでいて魅了される心温まる映画でした〜。