映画のこと

【映画】この世界の片隅に【感想その2】5

2017年09月17日15:35
ブログネタ
アニメ(CGアニメ含む) に参加中!
2017/9/17

【映画】この世界の片隅に【感想その2】


BDでまた見ました。
劇場で見たときはただただ衝撃に圧倒されたけど、
家で2回目を見たらより物語を深く感じられましたよ。

この世界の片隅に前半を見て。嫁入り天然すずさんがとにかく愛らしい〜。
温かい日本の家族の心の繋がり。何気ない日常がこんなに尊いなんて…。

この世界の片隅に後半。誰にでもある普通の生活や家族などの大切な人。
戦争はそれを容赦なく残酷に奪っていく慟哭。それでも、生き残った命は逞しく生きていく。
だからこそ、この時代を生きたおじいちゃんとおばあちゃんを大切に思うのです。

戦争の悲惨さは絶対に風化させてはいけないものですよね。

続きを読む

【映画】劇場版ポケットモンスター キミにきめた!【感想】3

2017年07月15日19:10
ブログネタ
ポケットモンスター総合 に参加中!
2017/7/15

【映画】劇場版ポケットモンスター キミにきめた!【感想】


ポケモン20周年パンフ


ポケモンサン057マーシャドー


ポケモンサン058マーシャドー


ポケモンサン059マーシャドー



ポケモン映画20周年、キミにきめた!見てきました!

ポケモン歴はDSのダイパからで10年くらいなので、
ゲームボーイの初代ポケモン世代じゃないけど、
新しいポケモンが出たり、カスミやタケシが出なかったり、
サトシの旅立ちとピカチュウの絆が今風にアレンジされて描かれてました。
ホウオウは伝説の貫禄!ピカチュウが○○するのとEDは反則><。

で、どうだったかというと、いつもはつまらないポケモン映画がマシになったというか、
普通くらいの面白さだったと思います。あくまで公平な立場としてみて><。
この世代のポケモンファンならもっと感動できると思いますよー!
あと、マーシャドーって一体なんだったんだろうねって疑問が・・・。

結局、特典やグッズ目当てで見に行ったようなものですが、
それでポケモンが盛り上がるのならそれもいいんじゃないかなーって思います。
夏の風物詩として来年も映画があるみたいだし、とにかく今日は暑い一日でしたよ!

続きを読む

【映画】美女と野獣{2017年}【感想】4

2017年04月22日15:55
ブログネタ
洋画 に参加中!
2017/4/22

【映画】美女と野獣{2017年}【感想】


ディズニーの美女と野獣の実写化ですね!
初めてアニメをみたときは、芸術ともいえるアニメーションに圧倒されて、
ディズニーマニアになるきっかけになり、海外旅行してアメリカのディズニーランドに行ったり、
劇団四季、ブロードウェイ・ミュージカルを見てしまうほど、大好きになったものです。
あと、1946年にジャン・コクトー監督の白黒映画もありましたね。

英語の歌が聴きたかったので字幕が見たかったけど、
3D吹き替えで見て臨場感がすごかったです!
物語や楽曲はアニメが基盤になってるので親しみが持てました。
後半の展開がやや強引で話を知ってる人には先が読めるので面白さは普通くらい。
ディズニーの実写はアニメと違和感がないくらい映像が綺麗ですねー。

それに、役者さん、声優さんの演技がすごいです!
登場人物全員が魅力的な個性があって、ルフウが特にいい役w
野獣は顔が怖いというか、アニメの愛嬌のある表情が好きですね。

ディズニーファンはもちろん、アニメの実写化が苦手な人にも楽しめると思います。
アニメを忠実にに再現しつつ、所々に新しい設定を補完して完成度が高い作品でした。

続きを読む

【映画】この世界の片隅に【感想】4

2016年12月17日20:42
ブログネタ
アニメ(CGアニメ含む) に参加中!
2016/12/17

【映画】この世界の片隅に【感想】


「ありがとう。この世界の片隅に、うちを見つけてくれて」

この世界の片隅に、予備知識なしに素のままで見ました。
過酷な戦時中の時代背景の中、すずさんの人柄が癒やしですごい映画でした。
これが、おじいちゃん、おばあちゃん達が生きてきた時代なのね…。

娯楽的なアニメというより芸術的な映画なので、映画ファンに見てもらいたいですね。
あまり詳しくは書けないけど、心に衝撃が走ること間違いなしの作品です。
力強く生きることの尊さ、命があることの有り難さをひしひしと感じますよ〜。

続きを読む

【映画】君の名は。【感想】4

2016年09月10日18:51
ブログネタ
アニメの感想 に参加中!
2016/9/10

【映画】君の名は。【感想】


君の名は。よくある男女の入れ替わりもので、
劇場の予告を見て面白そうだったので見てきました!
とてもよかったですよ〜><。
運命の赤い紐で結ばれた2人に涙・・・。
三葉ちゃんの口噛み酒が飲みたい〜><。


ここからネタバレ注意。


入れ替わりネタでおっぱいさわったり、
トイレとか男女の違いのドタバタありで楽しかったです。
それにしても、入れ替わりでよく学校サボらずに行くのは偉いね〜。
自分の顔にバカあほって書くの難しいんじゃって思ったりw

後半はガラリと展開が変わって、シリアスで感動する雰囲気に。
瀧くんと三葉ちゃんが同い年だとすると、
実際に会ったときは三葉ちゃんのほうが3つ年上になるのかな?

作品の根底を覆すようだけど、
入れ替わったときに名前や連絡先を伝える方法があればよかったのにねー。
夢から醒めると入れ替わりの記憶を忘れてしまって、
携帯やノートのメモ帳に書いても消えてしまうとどうしようもないですね><。
とにかく、お互いの名前を知らない知りたいところがこの作品の感動できるポイントでした!
本当に現実でもこんな運命の出会いがあればいいなって思ってしまいますよ〜><。

続きを読む

最近見た映画の感想(2016/04)4

2016年04月08日11:02
ブログネタ
映画の適当な感想 に参加中!
2016/4/8

最近見た映画の感想(2016/04)


昔みたいに芸術的な映画を真面目に観ることはなくなったけど、
テレビで放送されてる娯楽映画は気軽にちょこちょこ見てるので、
ツイッターで書いた簡単な感想をこちらのブログでも紹介してみますね。

続きを読む

【映画】ガルパン4DX【感想】5

2016年02月27日14:10
ブログネタ
アニメの感想 に参加中!
2016/2/27

【映画】ガルパン4DX【感想】


ガルパン映画4DX、見てきました!
砲撃の衝撃や振動が大迫力の戦車戦で圧倒的な臨場感!
遊園地のアトラクションやセガの体感ゲームみたいでした!
お風呂のシーンでシャボン玉がいい匂い〜。
これからはガルパンはいいぞからガルパンはいい匂いだねw

戦闘メインでストーリーはあってないようなものだから、
ガルパンやキャラをよく知らない人でも気楽に楽しめると思います。

ただ、4DXの座席が少ないので事前に予約するのが大変でした><。
あと、真冬だったから風や水が少し冷たかったですねー。
2時間以上と長い映画で見るのに疲れると思ったけど、夢中になって見てましたよー。
これからは4DXじゃないと満足できない体になりそうですw

続きを読む

【映画】ピクセル【感想】3

2015年09月12日15:42
ブログネタ
今日見た映画 に参加中!
2015/9/12

【映画】ピクセル【感想】


ピクセル、3Dで見ました。
パックマン、ギャラガ、ドンキーコングなど、
80年代のレトロゲームがいろいろ出てくる映画です。
ゲームを題材にしてるので、舞台設定や物語展開に無理があるのは愛嬌で><。

パックマンが悪役なのは複雑な心境で、
キャラに心がこもってないのはシュガーラッシュを見習って欲しいところでした。
EDの歌とドット絵、吹き替えのキャスト、レディ・リサは良かったです。
まあ、レトロゲームファン向けのお馬鹿映画ですね><。

続きを読む

【映画】バケモノの子【感想】3

2015年07月11日16:40
ブログネタ
アニメ(CGアニメ含む) に参加中!
2015/7/11

【映画】バケモノの子【感想】


バケモノの子、師弟愛に溢れた楽しい作品でしたよ〜。

熊徹の親父が愉快な性格で、九太が生意気なガキで、
この2人の楽しい修行風景がずっと続いたらよかったのに、
後半は九太が成長してガラリと雰囲気が変わってシリアス展開になって、
人間界が舞台になったら急に俗っぽくなって興醒めしていまいち馴染めませんでした。
九太は子供の頃のほうが可愛くて好きだったのにね><。

後半は賛否が分かれると思いますが感動的なラストだったし、
ベスト・キッドみたいな作品が好きな人には楽しめると思いますよー。

最近見た映画(2015/06)3

2015年06月21日18:51
ブログネタ
映画の適当な感想 に参加中!
2015/6/21

最近見た映画(2015/06)


昔みたいに芸術的な映画を真面目に観ることはなくなったけど、
テレビで放送されてる娯楽映画は気軽にちょこちょこ見てるので、
ツイッターで書いた簡単な感想をこちらのブログでも紹介してみますね。

続きを読む
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月刊アーカイブ
★おすすめ商品★
★アマゾンで検索★



★ニンテンドー3DS★



★WiiU★



★PSVITA★



★PS4★



  • ライブドアブログ