映画:き

【映画】君の名は。【感想】4

2016年09月10日18:51
ブログネタ
アニメの感想 に参加中!
2016/9/10

【映画】君の名は。【感想】


君の名は。よくある男女の入れ替わりもので、
劇場の予告を見て面白そうだったので見てきました!
とてもよかったですよ〜><。
運命の赤い紐で結ばれた2人に涙・・・。
三葉ちゃんの口噛み酒が飲みたい〜><。


ここからネタバレ注意。


入れ替わりネタでおっぱいさわったり、
トイレとか男女の違いのドタバタありで楽しかったです。
それにしても、入れ替わりでよく学校サボらずに行くのは偉いね〜。
自分の顔にバカあほって書くの難しいんじゃって思ったりw

後半はガラリと展開が変わって、シリアスで感動する雰囲気に。
瀧くんと三葉ちゃんが同い年だとすると、
実際に会ったときは三葉ちゃんのほうが3つ年上になるのかな?

作品の根底を覆すようだけど、
入れ替わったときに名前や連絡先を伝える方法があればよかったのにねー。
夢から醒めると入れ替わりの記憶を忘れてしまって、
携帯やノートのメモ帳に書いても消えてしまうとどうしようもないですね><。
とにかく、お互いの名前を知らない知りたいところがこの作品の感動できるポイントでした!
本当に現実でもこんな運命の出会いがあればいいなって思ってしまいますよ〜><。

続きを読む

機動戦士Zガンダム3 星の鼓動は愛(★☆☆☆☆)1

2007年04月16日01:25
ブログネタ
映画鑑賞日記 に参加中!
2007/4/13

「機動戦士Zガンダム3 星の鼓動は愛」(★☆☆☆☆)

2006年 監督:富野由悠季


全編通して、MSの戦闘シーンは迫力あります。
Zガンダム、
ビーム手裏剣乱れ撃ちなんて技あったっけ!

なんか、エマとヘンケンが、妙にベタベタしてない?
いくらエマが好きだからって、
1人のパイロットのために、味方の戦艦1隻潰すなんて(><;

あと、サラが優遇されすぎw
フォウとロザミアの立場ってなんなんだろう・・・(^^;

なんで、戦争なのに作戦無視して、
一時の感情で突っ走って、殺し合いするかな〜?
結局、個人のワガママと恨みだけの戦いじゃない(><;

それに、シャアの演説がないなんて・・・

初代の台詞、
「パイロットでは体制は崩せんよ」
「ニュータイプ能力を戦争に利用されるだけだ」
これが生きてくる大事な場面なのに〜

TV版では精神崩壊して廃人になったカミーユでしたが、
新訳では、最後に生き残ったファといちゃついてハッピーエンド!?
あれだけ人が死んだのに、喜ばれても困るんですけど(^^;
そこまで仲良かったわけでもないのに、
取ってつけたような強引なラストで、いい加減すぎ。

トドメが、雰囲気ぶち壊しの安っぽくてウザイED曲・・・

時間の都合上、話の説明不足になるのはわかります。
でも、キャラの心理描写、人間関係、
物語の展開がメチャクチャで、ひとつの作品にまとまってません。
ただ、叫びながらMSが戦ってるだけの映像集でした。


みんなのシネマレビュー
http://www.jtnews.jp/cgi-bin/review.cgi?TITLE_NO=13361

機動戦士Zガンダム2 恋人たち(★★☆☆☆)2

2007年04月14日19:25
ブログネタ
映画鑑賞日記 に参加中!
2007/4/13


「ヘルメットしてると、キスできないんだ」

「機動戦士Zガンダム2 恋人たち」(★★☆☆☆)

2005年 監督:富野由悠季。


今作で、Zガンダム登場!
変形するMSが多いので、
Zが一番かっこいいという意見が周りでも多いです。
わたしは、
初代ガンダムの面影があるマーク2のほうが好きだな〜

Zの登場人物って、なんでこんなに好戦的なんだろう?
自分の主張ばかりで、相手の意見なんて聞きもしない。
だから、戦争になるんだよ(^^;
戦いに迷いのあるアムロが、一番マシに見えます。

戦争の道具に利用される強化人間は、
情緒不安定で頭がおかしいのはしょうがないけど、
フォウやサラだけじゃなく、
他のパイロットも説得してあげてよw
敵と理解しあうのがニュータイプじゃないの?

最後に、ハマーンが出てきましたねー
ハマーンのMSがキュベレイじゃなかったけど、
劇場版オリジナルなのかな?

まあ、Zのことは詳しくないのですが、
キャラにも物語にも魅力がなくて、
キチガイばっかりの話だと思いました。
このテーマの恋愛要素って、キスシーンだけ?(^^;


みんなのシネマレビュー
http://www.jtnews.jp/cgi-bin/review.cgi?TITLE_NO=13153

映画:祇園の姉妹(溝口健二)3

2006年12月03日02:58
ブログネタ
映画鑑賞日記 に参加中!
2006/11/29

1936年(昭和11年)

監督:溝口健二(★★★☆☆)

「祇園の姉妹」(ぎおんのきょうだい)

昔の作品なので、声が聞き取れなくて、
いまいち内容が把握できなかったところがありました。

義理と人情で、
世話になった男に親切な姉と、
甲斐性のない居候を煙たがる、
男嫌いの妹の、芸子の姉妹。

姉の名前が「梅吉」妹が「おもちゃ」ってw

別の男を、姉とくっつけようと、
いわばヒモのその男を追い出そうとする妹。
寝ている男に、タバコの煙を吹き付けて、
クシャミさせて起こすってw

妹は、自分に惚れてる男に、
散々貢がせて利用してるだけ。
妹は、口達者で、世渡り上手だわ〜

貢ぎ君の主人が文句言ってきたのに、
いつの間にか、たぶらかされて、意気投合して、
今度は、貢ぎ君を追い出すなんてw

事実を知った姉は、家を出て行こうとするし、
妹は、騙してきた男に、ひどい仕返しをされてしまう。

それでも、姉のように、男に従順になるのは嫌で、
男には負けたくないと叫ぶ妹。

いくら人に尽くして、いい人間になっても、
世間は認めてくれない、芸子という女。
男と女の関係は、対等になるということはないのでしょうか?

この女の生き様の描き方は、
成瀬巳喜男に通ずるものがあると感じました。


みんなのシネマレビュー
http://www.jtnews.jp/cgi-bin/review.cgi?TITLE_NO=8815

きみに読む物語3

2006年07月07日23:21
ブログネタ
映画鑑賞日記 に参加中!
きみに読む物語















2006/7/7

2004年 アメリカ製作

「きみに読む物語」(★★★☆☆)

監督:ニック・カサベテス

OPの情緒ある夕焼けの景色が美しいです。
これは、ある女性が思い描いていた夢なのです。

平凡でどこにでもいる、ごく普通の男だが
たったひとつ、誰にも負けないことがある。
それは、ひとりの女性を全身全霊で愛したことだと言う老人。
彼は、痴呆症の老女に、愛の物語を話して聞かせる。

一夏の恋。
観覧車に乗っているカップルの女性に
突然、男が割り込んできて
デートしてくれないと飛び降りると、強引にアプローチ。

「やりたいんなら、やってみろよ、自分を抑えるな」

情熱的な彼ノアに魅かれていく女性アリー。
真夜中の交差点で、車を恐れずに
2人で寝そべって語り合う。

しかし、2人の間には、家柄や貧富の差があり、
アリーの両親は、ノアは娘に相応しくないと反対されて
別れることになる。

数年後、アリーは別の男性と婚約するが、
その間、ノアはアリーの夢の白い家を建てることに夢中だった。
それを知ったアリーは、ノアの元へ訪ねにいくのだが・・・

ありきたりな話だけど、
困難を越えようとする愛の形は感動的ですね。
でも、結ばれることだけが、一番の愛の形じゃない。
どこかで心が繋がってればいいんです。
例え、片思いでも、
人を好きになる気持ちを持ち続けるのが、
一番の心の宝物でしょう。

街の灯、巴里の女性、
ビフォア・サンセット、マディソン郡の橋など
わたしは、こういう話に弱いな〜


公式サイト
http://kimiyomu.jp/

みんなのシネマレビュー
http://www.jtnews.jp/cgi-bin/review.cgi?TITLE_NO=10971

機動戦士Zガンダム 星を継ぐ者3

2006年04月13日00:10
「機動戦士Zガンダム 星を継ぐ者」05年(B)

あれ? たった1時間半?
初代ガンダムって、2時間半くらいあったよね。
もっと、長くしてもいいのに〜

よく、Zって暗いって言われるけど、
テンション低いのよね〜
なにかと、技術的、理屈的っぽくて、
ストレートに心にぶつかってくる熱いモノがないのよー

オタクのわたしが言うのも何だけど、オタクくさいのよね。
結局、ガンダムファン以外は、ついて行けないと思う。

カミーユが軍の中であんな勝手な行動ができるのは
マンガだからってことでいいのかw
まあ、十代の思春期の子なら、
あのひねくれた性格にも共感が持てるのかな〜?

シャア、コロニーの中でバルカン使うとうんぬんって言っといて
結局、戦闘してるじゃない(><;
敵領地に侵入したアンタが悪いw

ふと思った。
宇宙空間で、白旗ってなびくの?

カミーユが、レコアに好意を持ってるね〜♪
シャアの正体を知らないみんなが、
本人の前でバカにするシーンがなんとも・・・w

ライラ
「お勉強だけが出来てバカな子っているんだよねぇ」
これ、一番の名台詞w

フラウが、大人の女の貫禄出てきたわねーw
それにしても、ニュータイプを理想化しすぎねー

後半の大気圏突入から、俄然盛り上がってきました!
カミーユ、訓練受けてないのに、
Gは平気なんて、さすが、ニュータイプ!

死ぬとき、好きな人のことが頭に走るのはわかるけど、
それがピンクの愛人だと、安っぽくて萎えるのよ・・・

百式の目が、赤く光るのは、かっこいいと思った!
ここの空中戦のグライダーやパラシュートの飛行感覚は、
スカイダイビングを経験したわたしから見ても良く出来てます。
多分、飛行経験のあるスタッフが、新たに作り直したのでしょう。

なんで、ティターンズが独裁的な制圧をするのかわからないけど
まあ、戦争になったら、殺すか殺されるかだけだから
人質、毒ガス、核爆弾となんでもありで、
卑怯とか言えないでしょう。

で、ガンダムの定義って、
喋りながらロボットで戦うってことでOK?
戦闘相手と話す余裕があるんだったら、殺し合いやめようよ・・・
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月刊アーカイブ
★おすすめ商品★
★アマゾンで検索★



★ニンテンドー3DS★



★WiiU★



★PSVITA★



★PS4★



  • ライブドアブログ