映画:り

LIMIT OF LOVE 海猿(★★★☆☆)3

2007年05月09日18:27
ブログネタ
映画鑑賞日記 に参加中!
2007/5/9


「恋愛の結末は2つしかないの」
「失恋か結婚よ」

「LIMIT OF LOVE 海猿」(★★★☆☆)

2005年 出演:伊藤英明、加藤あい。


いつのまにか、主役の2人が婚約してるー!
でも、ダイスケは、いまひとつ結婚に踏み切れないでいる。
せっかく、彼女が
手作りのウエディングデレス着てきたのに〜(><;

大型船の転覆事故のパニック物って、
どうしても、タイタニックを意識しちゃうな〜
避難中に、怪我で歩けない男と、妊婦を助け、
火災と浸水の中、船内に閉じ込められてしまう。
絶望的な状況から脱出する展開は、ハラハラドキドキ!

恋人のカンナが、待つ女になって、
妊婦にいい役を取られてるのが残念ね。
それだけに、観客に一番近い立場で、感情移入できます。

自分だけ助かろうと思わず、
最後まで相棒を見捨てない最後の握手が一番のシーンでした。

あの危険な状況で、そんなことしてる場合かーって、
ツッコミ入れたくなる場面もあったけど、
王道のハッピーエンドで、気持ちよく楽しめました。


みんなのシネマレビュー
http://www.jtnews.jp/cgi-bin/review.cgi?TITLE_NO=13001

リトル・マーメイド プラチナエディション5

2006年10月08日19:15
ブログネタ
映画鑑賞日記 に参加中!

2006/10/8

http://livedoor.blogimg.jp/pureskydive/imgs/2/8/288eecf9.JPG

「リトル・マーメイド」

1989年(★★★★★)

懐かしくて、涙でてきた・・・

感無量になると、上手く言葉がでてこないものですね。

いい映画って、乾いた心を潤してくれるのね〜

何度も書いてるけど、

わたしの映画人生の始まりが、この作品なのです。

10年前、外の世界に飛び出すアリエルに憧れて、

海外旅行に行ったのでした。

ロスのディズニースタジオや、

フロリダのWDWに行って、

ディズニーのアニメーターさんに

イラストを書いてもらったり、

セル画を買ったくらいのマニアですからw

アリエルの言葉を知りたくて、英語の勉強もしたんですよ〜

もちろん、字幕なしでも台詞は覚えてますw

わたしが一番好きな

「パート・オブ・ユア・ワールド」の歌詞です〜

「what would I give to live where you are」

「what would I pay to stay here beside you」

「what would I do to see you smiling at me」

「where would we walk?」

「where would we run?」

「if we could stay allday in the sun」

「just you and me, and Icould be part of your world」

ちょっと気になったところ。

フランダーは、どうやってエリックの石像を運んだんだろう?w

シェフの魚料理のシーンは、

今ではヤバイような残酷な描写も・・・(^^;

恋するアリエルのイラスト〜

http://livedoor.blogimg.jp/pureskydive/imgs/a/6/a6d612c9.jpg

http://livedoor.blogimg.jp/pureskydive/imgs/b/8/b8947244.jpg

ハッピーエンド〜

http://livedoor.blogimg.jp/pureskydive/imgs/a/9/a96af5f4.jpg

http://livedoor.blogimg.jp/pureskydive/imgs/b/6/b6e0049c.jpg

メイキング。

ハワード・アシュマン、アラン・メンケン、

アリエルの声優、

ジョディ・ベンソンが出てきたのはうれしかったわ〜

実は、彼女のサイン入りイラストも買ってたりしてw

アースラは、6本足だから、

タコじゃなくて、イカだったなんてw

「パート・オブ・ユア・ワールド」の歌が、

没になりかけたなんて、信じられない!(><;

アンデルセンの原作「人魚姫」の

「愛の為に何かを捨てる自己犠牲の精神」が、

自分の失恋経験と重なって、身に染みるわ・・・(><;

短編の「マッチ売りの少女」も、

切なくて、ホロリときますね〜

今井美紀が歌う「パート・オブ・ユア・ワールド」

歌詞が英語だわ〜

やさしい歌声で、さわやかなバラードになってて、

いいアレンジですよ〜

ギャラリーの初期のアリエルのデザインって、

どこかしら、ティンカーベルの面影がありますね〜

ディズニーの精神の

「キャラクターに命を吹き込む」

これを最近のアニメーションも見習ってほしいです。

小さい女の子がいる家庭なら喜ばれる作品ですよー!

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月刊アーカイブ
★おすすめ商品★
★アマゾンで検索★



★ニンテンドー3DS★



★WiiU★



★PSVITA★



★PS4★



  • ライブドアブログ