柳葉敏郎

ジブリアニメ:おもひでぽろぽろ(★★★★★)5

2007年10月20日12:49
ブログネタ
映画鑑賞日記 に参加中!
2007/10/19

「おもひでぽろぽろ」1991年(★★★★★)

監督:高畑勲。声:今井美樹、柳葉敏郎。


東京生まれの東京育ちのタエコは、
10日間の休みをもらって、
山形の田舎へ紅花摘みに出かけたところ、
そこに、小学5年生のタエコの思い出が蘇ってきて、
面白いやら切ないやらで、
自分を見つめなおす体験をするのでした。

大人タエコのえくぼがくどいのが気になっちゃうわ(^^;
でも、回想を語る口調が、詩のような余韻があって好きです。


10歳のタエコは、昭和41年。
ビートルズ、ミニスカート、宝塚のブームが始まったって、
時代のギャップがあってよくわかんないけど、
世代を超えた人気があるって、ちびまるこちゃんみたいな世界観ね。

熱海で、温泉を梯子して逆上せて、よく溺れなかったわね〜
てか、女の子のヌード出してOKなの!?

パイナップルの食べ方がわからないのに、
買ってくる父もアレだけど、
いざ食べてみると、家族全員でマズイって、
あんたら、いつもタエコの好き嫌いを叱ってるじゃないの!

それで、隣の席の男の子と、
給食の嫌いなものを交換して食べてもらうんだけど、
わたしだったら、牛乳2杯も飲んだらお腹壊しちゃうよ(><;

黒板に相合傘のラクガキをされるのは、
わたしにもあって、あれは恥ずかしかったですね〜(><;
それにしても、スケベ横丁ってひどい名前の付け方・・・

体育で野球の応援とか、
試合に勝ったら、先生がアイスを驕ってくれるっていうのは、
うちの学校にもありましたw
なんか、あるあるばっかりで、タエコに共感しまくりですw

初めて生理の授業を受けた直後は、
男子と気まずい雰囲気になりましたね・・・
最初に生理になったリエちゃん、
男子にからかわれても、笑って動じないなんて大人すぎ!

ハンドバッグをなかなか貸してくれない姉もイジワルだけど、
さらに追い討ちをかける父のビンタがひどい・・・(><;
この父、無口で頑固者でムカツク!大嫌い!


分数の割り算がすんなりできた人は、
その後の人生も上手くいくんだって。
分子と分母をひっくり返してかけるって理屈はそうだけど、
そんなの使うシチュエーションが想像できないんだよね。
実際、リンゴの例でも具体的に説明できないじゃん!

誰か頭の良い人がいたら、
分数の割り算の答えじゃなくて、使い方を教えてください。
ちなみに、自慢じゃないけど、
わたしは、数学のテストで100点満点中5点とかザラでしたw

学芸会で、
村人その1の役になったタエコの演技上手いわね〜
それに比べて、村人234の子がやる気なさすぎ(^^;
せっかく、タエコにスカウトが来たのに、
ここでも、子供の夢と才能をぶち壊す父が憎らしい〜!
タエコ、よくグレなかったな・・・
耐える子だから?
ひょっこりひょうたん島で盛り上がっても、
その世代じゃないからわかんないよ〜(^^;


ドライブで話が弾んで、意気投合するタエコとトシオ。
会話のテンポが良くて、
男女が惹かれあっていく様子が気持ち良いわ〜
ここは、ビフォア・サンライズに通じるものを感じます。

田舎の景色は、人間が自然の力を借りて作ったものだから、
無意識に懐かしく故郷のように感じられる話は勉強になりました。

わたしがタエコだったとしても、トシオは好みのタイプだけど、
告白とかプロポーズは、男性本人からされたいものなのよ。
下手に外野から催促されると、ペースが乱れてダメだって!

最後に、不潔で嫌われ者の転校生、アベくん登場。
タエコにだけ、お前とは握手してやんねーよって拒否。
ここの心理は、いまだに掴めないな〜
好きな子をいじめたくなるっていうのは、なんとなくわかるけど。

ただ、タエコとトシオのやり取りを見て、
こうやって恥らいなく、ありのままの自分をさらけ出して、
それを受け入れてくれる人と信頼を深めていくと、
愛が生まれるのかなって思いました。
けっこう、極上のラブストーリーじゃん!
書きなぐりな長文になったのは、ごめんなさいね(^^;


みんなのシネマレビュー
http://www.jtnews.jp/cgi-bin/review.cgi?TITLE_NO=1148

踊る大捜査線 THE MOVIE(★★★★☆)4

2007年10月13日12:09
ブログネタ
映画鑑賞日記 に参加中!
2007/10/13

「踊る大捜査線 THE MOVIE」(★★★★☆)

1998年。出演:織田裕二、柳葉敏郎。

かなり昔に見て内容を忘れてたんだけど、
スピード感のあるストーリー展開にどんどん引き込まれて、
ウィットに富んだ緩急の付け方で飽きさせず、面白かったです!

警察の上の人間は、緊張感がなくて、お堅い頭で融通が利かず、
予算のやりくりにうるさくて、嫌な仕事ばかり回してきて、
最初は、仕事をめんどくさがってた現場の刑事たちが、
おちゃらけながらも、いざ事件になると真剣にぶつかっていく。
そんな、ギャグとシリアスの切り替えが楽しかったです。

身代金の札束の番号を控えるのに、
警察でもコピー使っちゃダメなんだw
コーヒー代くらい、経費じゃなくて自腹でおごってよw

「なぜ、事件が起こったかと考えるな」
「人が事件を起こすんじゃない」
「事件が人を起こすんだ」

サイコ女のミステリアスな怪事件と、
常識外れの推理から、犯人がわかってくる辺り、
インターネットや未成年の犯罪とか、今の時代ならではですね。

黒澤明の「天国と地獄」の有名なモノクロに赤い煙のシーンが
リスペクトされていたのはうれしかったです。

「事件は会議室で起きてるんじゃない!」
「現場で起きてるんだ!」

この有名な台詞は、犯人を捕まえる緊急事態なのに、
上司が手柄の取り合いにもめてたからなのね(^^;

そのおかげで、負傷した青島に室井が肩を貸す友情シーン。
昇進したら現場のことも考えると、
誓った約束を果たすのはいいんだけど、
あんなに重症で苦しがってるんだから、
救急車の担架が来るまで待ってたほうがいいじゃん(^^;

まあ、織田裕二と柳葉敏郎は、2人とも好きな俳優なので、
細かいことは気にせずに、素直に楽しめましたよ〜


みんなのシネマレビュー
http://www.jtnews.jp/cgi-bin/review.cgi?TITLE_NO=664

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月刊アーカイブ
★おすすめ商品★
★アマゾンで検索★



★ニンテンドー3DS★



★WiiU★



★PSVITA★



★PS4★



  • ライブドアブログ